スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回 DIY女子高生マンガ「ホームセンターてんこ」

IMG_2349.jpg

こんばんは(^^)
突然ですが、皆さまはモノを作ることはお好きですか?今回ご紹介しますマンガはモノ作りが楽しくなる・・・そんな作品です。
その名も、とだ勝之先生の「ホームセンターてんこ」です。
電動ドリルを握りしめた女子高生が主人公ですw
高校1年生の井本典子(いもとのりこ)、通称「てんこ」は姉の香子が東京でOLになるため二人で福岡から上京してきた。部屋のすき間にピッタリおさまる棚を探すため、たまたま入ったホームセンター、その名も「ホームセンターTENCO」で天道巧作と出会う。ホームセンターTENCOはお客様の要求に必ず応えるということをモットーにしている。巧作は収納スペースの計測を行うため井本姉妹の部屋を訪れる。てんこ達の部屋にはボロボロになった家具が置いてあった。てんこが生まれたときにおばあちゃんが買ってくれた思い出の家具なのだそうだ。しかし、持ってきたものの置く場所もないので新しいの買ったら処分しないと、とてんこは話す。それを聞いた巧作は思い出の家具をバラバラに切断し始めてしまった。てんこは怒るが、巧作には考えがあった。おばあちゃんの思い出の詰まった家具を使いやすいように作り直すのだそうだ。その手伝いをてんこにやらせた。てんこは初めて使用した電動ドリルに感動し、自分でモノを作る楽しさを知った。巧作はてんこにこう言う。「商品と共に作る楽しさを提供する、それがホームセンターTENCOのサービスだよ」
IMG_2351.jpg
てんこと巧作とお姉ちゃん

女子高生と工作機械というミスマッチがなんとも面白い作品です。
ただの萌えマンガではありません。工作機械の説明や使い方などがとても詳しく解説されています。電動ドリルの他に、ジグソー(電動ノコギリ)やオービタルサンダー(電動やすり)、ホットボンド(接着剤)、トリマー(板材の縁の面取りする道具)、丸ノコ、ハンドルーターなどなど・・・\(^o^)/

作るモノもすごいですw家具だけではとどまらず、シルバーアクセサリーに革のサイフ、トロフィーにダンボールのソファー、キャンプに行けば食器からテーブルまですべて手作り、演劇部の舞台装置も作るし、なんとギターまで作ってしまいます(^^)

そしてなんといってもこのマンガの魅力は出てくる登場人物です。てんこの友達の海老沢杏(通称・エビアン)、老舗料亭のお嬢様・美島歌穂、歌穂のお目付け役・菊川まどか、アウトドア大好き・鈴木朋美、演劇部員・坂下貴久子、大工の木反一錦、巧作の元カノ?・辻川結希、アイアンティーチャー・黒鉄まひろ、てんこの福岡の友達・古賀美夜(通称・みやっち)・・・と、名前をあげたらキリがないのでこの辺でやめときますw
IMG_2348.jpg
てんこはエビアンと一緒に工作部を作った。しかしなぜか喫茶店もどきとして営業中w
IMG_2347.jpg
アイアンティーチャー・黒鉄まひろ。工作部の顧問となる。きっちりとした性格から生徒達からは「アイアンティーチャー」と恐れられているが実はクマのぬいぐるみが大好きなカワイイ先生♪

IMG_2350.jpg
このマンガ、コミックだけではなく同人誌も出ています。執筆されているのはとだ先生ご本人です。アマゾンで買えます(^^)

さて、誰も見てないのにだらだらと続けてきたこのブログですが、次回はいよいよ第10回を迎えます。今までご紹介してきた作品はどれも大好きなモノばかりですが次回はその中でも特に大好きなあの作品をご紹介したいと思います(^^)

スポンサーサイト

第8回 二次元少女ランジェのモデルはもちろん・・・「ハイパードール」

IMG_2343.jpg

こんばんは(^^)
今回は吾妻ひでお先生の「ハイパードール」です。
吾妻先生といえばアニメ化もされたコロコロポロンやななこSOSが有名ですがボクはこのハイパードールが一番好きです(^^)

簡単にあらすじを書くと美術大学に落ちた浪人生、間久利人(まぐりっと)が引っ越してきたアパートの部屋には1枚の絵が飾られてあった。大家さんの話だと以前住んでいた売れない絵描きが描いたものだそうだ。絵に描かれていたのは一人のカワイイ女の子。利人はこの絵が気にいってしまい、ずっと眺めていた。すると、絵の女の子が動きはじめた。最初はウインクしたり投げキッスをする程度だったが行動は次第にエスカレートしていきパンティーを脱いだり水着になったり、しまいにゃ絵の中から出てきてしまった!彼女は二次元と三次元の世界を自由に行き来することができる二次元少女ランジェだった。こうして利人とランジェの不条理な日常がはじまる・・・。

と、いうような内容です。
他に利人と同じ美術大学を目指す留野亜流(るのある)という女の子も出てきます。

ランジェが入れるのは絵や本の中だけではありません。葉っぱの中にだって入れます\(^o^)/
IMG_2345.jpg

IMG_2346.jpg
風景の絵が描けなくて悩んでいる少年をランジェは葉っぱの中へ連れていきます。すると一人の女の子が泣いています。葉っぱを擬人化した女の子ですね。赤い人たちが自分たちも赤くしようとしていると打ち明けると男の子は女の子を赤くしまいと勇敢に赤い人たちをやっつけます。しかし、女の子は赤くなってしまいました。
この話、最後が切なくて大好きです。

こういう終わり方してる話はこれ1話だけで他の話は変なオチで終わっているのばかりです。このマンガ、マイアニメというアニメ情報雑誌で連載されていたんですが、当時この雑誌に載っていたマイアニメジョッキーというコーナーをネタにしたり、そのコーナーに出ていた早坂えむやミューちゃんといったキャラを出したりと内輪ネタがやたらと使われているんですが今読んでみるとまったく意味がわかりません(>_<)

このマンガ、全9話で終わっています。これでは単行本にするには話数が足りません。この本には他にもいろんな作品が収録されています。現在は「アズマニア」という文庫本で読むことができます。

最後にタイトルに書いた二次元少女ランジェのモデルはもちろん・・・女王陛下のプティ・アンジェですw

第7回 ジークナオン!「神聖モテモテ王国」

IMG_2281.jpg

こんばんは(^^)
今回ご紹介するのは知る人ぞ知る!名作(?)ながいけん先生の「神聖モテモテ王国」ですw
このマンガ、設定や内容やキャラの素性などまったく意味がわかりません(>_<)

ナオン(女の子のこと)だけの国モテモテ王国をつくるために日々努力する二人の物語である。その二人とはある日、突然空から降ってきた謎の生命体(宇宙人?)ファーザーとそのとき記憶喪失になってしまった学生オンナスキー(のちに自分の名前が深田一郎だと思いだす)である。

ファーザーはなぜか死なない。トンカツが好物。いつでもパンツ一枚の格好でズボンを穿かされると謎の液体を吐いてしまう。彼らはただナオンにモテたいだけなのにその奇妙な容姿と行動のため何度も警察に捕まる。
そんな彼らの作戦も一度だけ成功しかけたことがある。それは失恋直後のナオンは落としやすいという理由でフラレナオン祭りを開催した。と、そこへ警察が二人を捕まえにくるのだがそのときに二人の女子高生が「あたし達フラレナオンなんですけど・・・」と現れる。しかし、警察に追い返されファーザーとオンナスキーは捕まり作戦失敗。
他にも落し物をして拾ってもらって仲良くなる(失敗)、オザケンパワーを利用しようとコンサートのチケットをナオンに渡そうとする(なぜかヤクザの抗争に巻き込まれる)などなど・・・普段の作戦は失敗ばかりである。そしてなぜか最後はいつも警察に捕まる。

このマンガ、途中から意味不明なキャラがどんどん増えていく。
ファーザーとオンナスキーの住むアパートの隣の部屋に越してきたデビル教団とか。教団のトップのアンゴルモア大王はその格好からファーザーからメーテルと呼ばれている。
そのデビル教団と何か関係のありそうなキャプテン・トーマス。偽善者である。ヘビトカゲという弟子がいる。
他にファーザーからブタッキーと呼ばれる男子学生。見るからにモテない容姿であるにも関わらずたくさんのナオンをひきつれている。その理由は最後まで分からなかったがバックにヤバイのがついているらしい。ナオン達からは「マーくん」と呼ばれている。ファーザー達はブタッキーのことが嫌いだが彼はファーザー達が楽しそうに過ごしているのを見て羨ましいと思っているらしい。

などなど・・・いろいろなキャラが出てくるのですが・・・。
このマンガ、知らないうちに連載が終了していました。単行本は6巻まで出ているのですがすべてが謎になったままなんです。ファーザーの正体、デビル教団とファーザーとの関係、ブタッキーがモテる理由など・・・。

いつか復活することを信じてますよ!ながい先生!

第6回 冨樫仕事したw「てんで性悪キューピッド」

IMG_2280.jpg

こんばんは(^^)
こんなつまらないブログでも見てくださってる方がいらっしゃるようなので懲りずに更新しますw
今回は幽遊白書やHUNTER×HUNTERでおなじみの冨樫義博先生の「てんで性悪キューピッド」です。
はっきりいってこのマンガ、エロいですw幽白やHUNTER×HUNTERをアニメにするんならこれを深夜アニメでいいのでアニメ化してほしかった(>_<)

中学3年生の竜次は妖精や天使が大好きな普通の男の子。オヤジがヤ〇ザの組長であること以外はwあるとき竜次は林の中で悪魔を見る。その悪魔はまりあという名で後日、竜次のスケベの家庭教師として竜次の家に現れる。実はまりあは悪魔界から竜次をスケベにするために送りこまれていた。なぜ竜次をスケベにする必要があるのか?竜次の家系、鯉昇家の魂は悪魔界では超高級品なのだ。しかし竜次は天使や妖精が好きで現実の女性に興味を示さない。竜次の子供の魂はもの凄い価値があるので竜次にスケベになってもらいたくさん子供を作ってほしい・・・というのが悪魔界の狙いらしい。
竜次はお酒を飲むとスケベで凶暴な性格に変わる。金倉健太に監禁されてしまったまりあを偶然ワインをかぶったことにより凶暴な性格へと変わり助け出したこともある。と、まぁしっちゃかめっちゃかな話が多いわけですがまりあが不思議の国のアリスに変身して竜次の友達の柿杉の彼女のフリして竜次をからかった話は竜次のかっこいい部分も見れたいいエピソードでした(^^)

悪魔のまりあが使える呪文をご紹介♪
脱衣(ダムド)・・・服を脱がす
落雷(ゲキド)・・・カミナリを落とす
調味(スパイス)・・・料理に味付けする
入力(アンジュ)・・・力を与える
伝心(テレパシー)テレパシーを送る
変化(メイク)・・・物の形を変える

まりあの他にもまりあのことをライバル視しているマヤや水晶使いの魔女のミコなどが出てくる。
冨樫先生の描く女の子はカワイイ♪

第5回 ニューヨークへ行きたいかぁぁ!「ナナマルサンバツ」

IMG_2270.jpg

こんちは\(^o^)/
ブログ始めてから古いマンガばかり紹介してきたので今回は新しいマンガを紹介しますw
杉基イクラ先生の「ナナマルサンバツ」です。
タイトル聞いても「?」となると思います。ボクもそうでしたw
このマンガ、クイズ研究会が舞台です。「ナナマルサンバツ」とは7問正解で勝ち抜け、3問誤答で失格、という意味です。
高校の部活動を取り上げた作品といえば定番では高校野球、それにバスケ、軽音楽部などなどありますがクイズ研究会を取り上げた作品はこのマンガだけでしょうね(^-^)
物語は主人公の越山識が文蔵高校の新入生歓迎会の部活紹介のレクリエーションのときにクイズ研究会会長の笹島学人の開催したクイズ大会に適当に指名されて参加したことから始まります。
同じクラスの美少女、深見真理は問題を最後まで聞かずにどんどん正解していきます。真理が言うには早押しクイズには答えを確定できるポイントがあるのだそうだ。
それを理解した識はクイズに答えてみたくなる。そこへ識の知っている小説の書きだしが読まれた時点で識は早押しボタンを押します。正解は作者名か?タイトルか?出題者が問題を読み上げる前に「次は難問だ」と言っていたことを思い出した識はタイトルの方を答えます。見事、正解!この瞬間、識はクイズに答える楽しさを覚えます。
深見真理は自分が答えを知らなかった問題を答えた識に興味を持ち一緒にクイズ研究会に入ってほしいとお願いします。
そして後日、近隣の高校のクイズ研究会が集まって行われるクイズ大会に識たちも参加します。そこにはクイズの猛者どもが集まっており、識は彼らの早押しのスピードに驚くばかりです。中でも宮浦高校の御来屋の実力はみんなよりも頭ひとつ飛びぬけています。あることがきっかけで識は御来屋からライバル視されるようになります。
そして関東近郊のクイズ研究会がこぞって参加する「例会」と呼ばれるクイズ大会に出場することになります。この大会には強豪、開城学園をはじめとする数々のクイズの名門校が出場します。果たして勝負の行方は!?

・・・と、いうところまでが現在発売中の4巻までの話の流れっすねw
このマンガで知った単語がいくつかあるのでご紹介
ベタ問・・・クイズ大会やクイズ番組で繰り返し出題される頻出問題。
パラレル問題・・・問題文の前半と後半が「~ですが、では~」のような形でつながり前振りにちなんだ別のことを問う問題。

このマンガ、他の登場人物も個性的なキャラばかりで面白いです(^◇^)
識、真理と同じ文蔵高校クイズ研究会所属のオタク系問題が得意な井上大将。
弱電女子で笹島学人の妹の迅子。早押し機が作れる。
女装がカワイイ苑原良などなど・・・w

高校生クイズみたいなマンガです。
高校生クイズといえば、ボクも第10回、第11回大会と2年出場した思い出があります。
第10回大会は福留さんが司会をされた最後の大会でした。西武球場まで行って1問目で落ちました(T_T)
第11回大会は福沢朗さんが司会でした。「ファイヤー!」って叫んでました。某有名高校にくっついて行ったら1問目突破できました\(^o^)/
ボクは今の高校生クイズより昔の高校生クイズのほうが好きですね。

第4回 常識を超えた調理法の数々「スーパーくいしん坊」

IMG_2272.jpg
こんばんは\(^o^)/
週末で会社お休みだったので1日に2回更新してましたが平日はそんなに更新できなくなると思います。
今回はボクがこのブログを始めるきっかけとなったマンガ原作/牛次郎先生、漫画/ビッグ錠先生の「スーパーくいしん坊」です。
このマンガは洋食屋の息子、鍋島香介がナマイキな口をきいてそれに腹を立てたいい大人が中学生相手に本気で料理勝負を挑んで負ける・・・というグルメバトル漫画です。対戦相手のいい大人達は最初、「てめぇ」だの「このガキ!」と言ってるのに勝負に負けるとみんな「香介くん」と「くん」付けで呼び始めます。中には香介の料理のアイデアをくれと言って自分の店の目玉料理にしてしまう対戦相手もいますw
料理で勝負するマンガは美味しんぼをはじめ、たくさんあります。そんな多々あるグルメ漫画の中でもこの作品はとにかくスゴイです。何がスゴイって常識外れの調理法の数々、出される料理です。
例えば・・・
IMG_2274.jpg
これ、何してると思います?
洗濯機でラーメンの麺を茹でているんです。20分で50人前のラーメンを作るために考え出したらしいです。ちなみにこの洗濯機、新品ではなく前日まで鍋島家で使用されてた洗濯機です(>_<)

じゃあこれは?
IMG_2276.jpg
おにぎりを握っていますwww

IMG_2277.jpg
これは自動車のタイヤのホイールキャップを皿回しのように回してお好み焼きを作っています。ちなみにこのお好み焼き、病院食です。

スーパーくいしん坊はハープの弦でジャンボ寿司だって切っちゃうぜ!
IMG_2278.jpg
こんなにスゴイ調理法の数々を考案する香介です。作りだす料理も素晴らしい物ばかりです。さすがに全部は紹介しきれないのでボクがすげぇな~って思った物をいくつかご紹介しますね(^v^)
IMG_2273.jpg
タワーリングカレー
円形のバターライスの真ん中にカレーのルーが詰めてあります。筒状の物をロールケーキみたいに切って取り分けているので底からルーがこぼれ落ちると思うのですがそんなこと気にしてはいけませんw

IMG_2275.jpg
これは桜島大根を鍋にして作った全国の鍋が楽しめるというちゃんこ鍋です。誰か作ってみてくださいw

他にも火の玉チャーハンやわんこスパ、氷の弁当箱で作った弁当、日本の旅ピザなどなど・・・奇想天外な・・・おっと、失礼(>_<)素晴らしい料理がたくさんでてきます。
最初の頃は1話完結だったんですが後半はストーリー物になってしまったので料理の種類も減ってしまってちょっと残念でした(>_<)
冒頭でボクがこのブログを始めるきっかけとなった作品と申しましたが、実は何年も読んでなかったんですが先日、ツイッターでフォロワーさんとこのマンガの話で盛り上がり久々に本棚から引っ張り出して読んでみたら面白かったのでいつかみんなに紹介したいなーっと思ってマンガを紹介するブログを始めてみたんです(^_-)-☆
カウンター見るとそこそこ回っているので一人でも見てくださる方がいらっしゃるのであればも少し続けてみようかな?

第3回 走れ輪太郎!日本列島を駆け抜けろ!「サイクル野郎」

IMG_2269.jpg

第3回です(^^)
今回は荘司としお先生の「サイクル野郎」です。
このマンガは自転車屋の息子、丸井輪太郎が自転車で日本一周するという旅マンガです。

おもな登場人物として他に……
矢野陣太郎…輪太郎の中学時代の同級生。輪太郎と一緒に日本一周をスタートする。鹿児島で父がガンだという知らせを聞き日本一周まであと一歩というところで東京へ帰る。最後は電車の中から笑顔で輪太郎と別れたが輪太郎の姿が見えなくなると「輪ちゃん、おれも沖縄へ行きたかったでやんす~!」と号泣した。

日高剣吾…通称ナマハゲ。東北で知り合う大男。元々は北海道一周で旅を終える予定だったが輪太郎と陣太郎と一緒に旅してから日本一周の目標を持つようになる。しかしガケから転落する事故を起こしてしまい自転車に乗れなくなってしまったため日本一周をあきらめる。

岡島ミユキ…通称チャリンコのミキ。物語後半で登場。自転車で日本一周中の女性サイクリスト。

もちろんただの旅マンガではなく行く先々でいろんな事件に巻き込まれます。
ボクは自転車で日本一周などしたことがないのでわかりませんが何度も命を落としそうになる場面が出てきます。まぁ、マンガだからドラマ性を出すためにそうしているのでしょうがw何事もなくただ自転車で走って各地の名所を紹介してはい、おしまいでは面白くないですからね。
輪太郎たちのニセモノが現れたりとか爆弾魔に人質にされて一緒にツーリングするとか銀行強盗の仲間にされるとか…。
究極は沖縄へ向かうときに乗せてもらった漁船が火山の爆発に巻き込まれ遭難した。その後、何日か漂流の末、救助されましたが。
そんなハラハラする話も面白いんですがこのマンガの魅力は旅先で出会う人たちとのふれあいなんです。人情話も結構多くてボクはそういう心温まるエピソードが好きですね。

マンガではないのですが昔、「走れK-100」ってテレビ番組があってこちらは機関車の形をした車で日本列島を旅してました。日本一周が流行ってたのかな?
この記事を書くためにマンガを読みなおしてたら旅に出たくなってしまったw
でもボクはオッサンなので自転車での旅は体力的にムリなので車使っちゃいますが^_^;

第2回 萌え萌えドジッ娘キャラ見参!「翔べ翔べドンキー」

IMG_2263.jpg
おはようございます\(^o^)/
夜中に更新したばかりだけどブログに慣れるために最初はしょこたんを見習ってたくさん更新しようと思ってますw
第2回は吾妻ひでお先生の少女マンガ「翔べ翔べドンキー」です。
あじま先生の描く女の子はとにかくカワイイです(///∇//)
このマンガは主人公の太陽夕子ちゃん(あだ名はドンちゃん)の日常を描いた少女マンガです。人よりちょっとズレてるドンちゃんは別の中学の友達と同じバス停で降りてしまい中学校の入学式に遅刻したり、新聞屋さんが集金に来たらお金のある場所がわからなくて自分の制服を質屋にいれようとしたり・・・などなど奇想天外な行動を繰り広げます。
ドンちゃんのママと妹の朝子はしっかり者なんですがパパはドンちゃんと同じでちょっとズレてます。テレビを見るのが大好きで放送が終了していて砂嵐の状態のテレビでも「面白い」と言って見るし、課長への昇進試験の勉強をするといいながらマンガを読んでいたり・・・。
このマンガの魅力はドンちゃんのキャラクターの他にこういった周りのキャラクターにもあります。「ドンちゃん」というあだ名の名付け親である有栖蘭ちゃん。自称、美人で秀才で人に好かれるという彼女はドンちゃんとまるっきり正反対の性格なのになぜかドンちゃんと仲がいいですw
そして檸檬中学のアインシュタインと言われている海潮さん。蘭ちゃんいわく秀才!ハンサム!だそうです。物理学研に所属していておみやげ用原子選出の研究をしています。ドンちゃんに優しく、困ったことがあったらいつでも相談にきなよ。馬がしゃべったとか猫が笑ったとか・・・って声をかけてあげてますw
ドンちゃんはもてます。ドンちゃんのことを好きな男のコが二人登場するんですが、一人は馬山クンといって古いタイプのツッパリだったんですがドンちゃんに無理してることがばれて本当の自分をさらけ出します。本当の姿とはイケメンなんですが少女マンガを描くことが大好きな乙女チックな男のコでした。
もう一人は山田クンといって雨の日にドンちゃんに傘に入れてもらったことでドンちゃんのことを好きになり(でもドンちゃんは自分の家にそのまま帰ったので結局彼はドンちゃんの家から自分家まで濡れて帰ったw)デートまでしましたが馬山クンがドンちゃんのタイプだと勘違いし最初はツッパリキャラ、馬山クンが本性出したあとはメイクしてドレス着てドンちゃんの家に現れたりとドンちゃんに気にいられようと努力してました。
作者はコメントで「ドンちゃんは男の想像による女の子でこれはどちらかというと男の人むきにかいた少女漫画なのです」と言っております。

残念なことは面白いのに単行本は1冊しか出てないということですね><。

第1回 まっすぐGO!「がくえんゆーとぴあまなびストレート!」

IMG_2261.jpg
と、いうわけでブログを始めてみました。
ただ単に自分の好きなマンガのことを独り言のように書いてくだけなので面白いブログではないのであしからずw
ボクが今まで見てきたアニメの中で一番面白い!と思うのが「まなびストレート」です。
その原作コミックの紹介をしたいと思います。
簡単にどんな話かというと聖桜学園に転校してきた天宮学美、通称まなびが生徒会長に立候補してみかんやむっきーやめいやももは達と一緒に学園を盛り上げていく・・・という話。
・・・簡単すぎましたね><。ごめんなさい・・・。
この作品、アニメとマンガとでは話の流れが少し違います。

IMG_2262.jpg
こちらアニメのDVDです。最近、ブルーレイBOX出たんですよね・・・(T_T)遅いよぉ・・・。
と、まあ記事に関係ない愚痴はこれぐらいにして本題です。
アニメ、マンガともに文化祭の開催が中止になる危機をまなびたちが力を合わせて乗り切るのですがその方法がまず違います。アニメだと新しい生徒会室を作るためにまなびをはじめとする聖桜学園の生徒たちが力を合わせたことで団結力が深まりそれが学園祭開催へと結びつきます。一方、マンガだとまなびが校内放送でみんなに呼び掛けて生徒たちの文化祭に対する意欲を盛り上げる・・・というかんじになってます。この辺はアニメのほうが好きです(^^)
最終回も違っていてアニメはみかんが海外留学するのをみんなで見送って1年後、みかんが帰国したとき再びみんなが集まってあのオープニング映像につながるという伝説の最終回です。
マンガの最終回は暗夜櫻路という聖桜学園と姉妹校である愛光学園の生徒が一緒になって夜通し歩いて交流を深めるというイベントでなぜか他校の生徒との交流を深めるのではなくまなびたち5人の友情がさらに深まって終わりというものです。
アニメは見てたけどマンガは見たことがないという人もぜひ読んでみてはいかがでしょうか?
マンガにはアニメにあまり登場しなかった新・生徒会のメンバーも結構出番あるし、桃葉のことを慕っているもこ、もえの双子姉妹も出てきます。
と、いうわけで(何がだよw)まなびストレートを紹介しましたがボクは文章を書くのがヘタなので面白さがちっとも伝わってないと思いますが・・・・・・まぁ、誰も見ないブログだからこんなんでもいっかw
人目につかずコソコソやりたいというのが本音でありますがこんなブログでも読んで下さる方が一人でもいらっしゃるのであれば続けてみようかな・・・と思っております\(^o^)/
まずは更新10回を目指してまっすぐGO!


プロフィール

美久波まゆか

Author:美久波まゆか
あまり目立たないようにコソコソやってます♪ TwitterID @mikumiku110ban

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。