スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第22回 マリオネットを連れたスリ「マリオネット師」

IMG_2797.jpg

こんにちは(^^)
みなさんはスリですか?ボクは違います。
前回に引き続き小山田いく先生の作品をご紹介いたします。タイトルは「マリオネット師」です。

九頭見灯16歳。通称・九頭竜。両親は共に医者という恵まれた家に産まれたにも関わらず彼はスリをやっていた。両親は勝手に愛人を作っては家を空けっぱなすような人間だった。そんな時、灯はヘビの政二郎と言われるスリ師と出会う。灯は汚職事件で名前のちらつく高堂代議士からサイフをするが政二郎はやばいやつからスルとあとでやっかいしょいこむと高堂のサイフを戻そうとするが失敗してしまう。秘書の桑田に気づかれた政二郎は桑田に駅のホームから突き落とされ殺されてしまう。参考人としてそばにいた灯は警察へ事情聴取に連れて行かれるが彼を取り調べた諸戸刑事は灯を人形劇団「泡雲」へ連れて行く。泡雲のメンバーはみんな過去に犯罪を犯した者たちで結成されていた。そこで灯は一体の人形を手渡される。さすがスリだけあって手先は器用だ。すぐに扱いにも慣れた。そんなとき、諸戸刑事に政二郎殺害犯の情報が入る。犯人の桑田は高堂代議士の汚職を立証するメモをたき火の中に捨てようとしていたところを灯は人形を操りメモを桑田のポケットへ戻した。諸戸に連行される桑田は燃やしたはずのメモがポケットから出てきて青ざめた。灯は人形は人を楽しませるものなのにへんな仕事させて悪かったと人形をベンチに置いて去ろうとするが偶然人形のヒモが灯の指に引っ掛かり人形が灯を引き留めているかのように見えた。
こうしてマリオネットを連れたスリが誕生した。

登場人物
九頭見灯(くずみともし)・・・九頭竜という名で呼ばれているスリ。金持ちからしかすらない。マリオネットをたくみに操る。

桜辺一彦・・・好子の兄。諸戸刑事と共に人形劇団「泡雲」を作る。上京したての頃、暴行魔に好子をさらわれたときに諸戸と犯人に殴りかかりその際犯人を殺害してしまった。罪には問われていない。普段の仕事はインテリデザイナーをしている。

桜辺好子・・・一彦の妹。美人。灯のことをいつも心配している。人形をスリの道具として使っている灯にマジ説教をしている。物語の途中からⅤ(ファイブ)という不思議なサボテンを育てることになる。

安茂里野々美・・・泡雲の劇団員。元・スケ番。

桐島司郎(シロー)・・・泡雲の劇団員。元・窃盗犯。

森正男(マー坊)・・・泡雲の人形作り担当。体はでかいけど手先が器用。過去に好きだった女の子を守るために傷害事件を起こしてしまった。

諸戸・・・刑事。桜辺とは幼馴染。桜辺と共に泡雲を作った。灯を刑事にしたがっている。泡雲のメンバーが人質にされた事件のときに殉職する。

斗賀・・・刑事。やさしい性格をしている。諸戸亡き後、泡雲に顔を出すようになる。

九頭見螢・・・灯の姉。九頭見病院の医者で院長代理。灯の理解者でもある。斗賀刑事から好意を寄せられている。

生方みのり・・・自殺しようとしたところを灯に助けられる。自分を捨てた男に灯が復讐してくれたことから灯のことを好きになる。

相馬俊六・・・マリオネットの神様、相馬一道の息子。泡雲のメンバーからは相馬ジュニアと呼ばれている。灯と同等かそれ以上の人形操作の腕を持つ。ヤクザの子分をしていたが改心して人形劇団エレボスに入団する。

風無草留宇・・・女のスリ師。通称・風のルウ。最初は灯にスリの勝負を挑んできたがだんだん灯のことが好きになっていく。

この作品、かなり重いです。主要人物が次々に死んでいきます(>_<)
1話完結の話が多いんですが第7巻に収録されている「泡雲の消える空」という話は4話続きその内容は衝撃でした。
灯に恨みをもつスリ師、宇佐美元(通称・手長ウサギ)と人形劇団エレボスに恨みをもつ佐野が組んで泡雲とエレボスを潰しにきた。しかし、台風が接近してきたり爆弾を灯の代わりに俊六が開けてしまったりと計画が少しずつずれていった。台風から人形を守るためエレボスへ応援に出かけた泡雲のメンバーたち。そこで桜辺は爆弾を仕掛けている佐野を発見した。佐野は桜辺をナイフで突き刺した。桜辺は佐野にしがみつき洪水とともに流されてしまう。同じ頃、手長ウサギもエレボスに現れ灯と対決していた。手長ウサギは材木のロープを切り材木は灯や泡雲のメンバーめがけて流れてきた。マー坊は野々美とシローをかばうため自分の体を盾にして材木から二人を守った。そのとき、シローは材木の破片で目をやられてしまう。灯は手長ウサギとの対決中に野々美からマー坊が死んだことを聞かされる。手長ウサギは爆弾で吹っ飛び息絶えた。台風が過ぎ去ったあと、若い男性の死体が発見された。それは桜辺の変わり果てた姿だった・・・。
野々美はシローは自分を守るために失明したから今度は自分がシローを守るんだと言って泡雲を辞め遠い親戚がやっている農場を手伝うために旅立った
こうして泡雲は解散となってしまったが、みのりは俊六から人形の操作を習っていた。俊六もエレボスを辞めてくるという。好子、灯、みのり、俊六、そしてサボテンのⅤの5人で新しい人形劇団「Ⅴ」がここに結成された。

うーん、いい話だなぁ・・・(T_T)

ちなみに前回ご紹介しました「ウッド・ノート」に出てきたボクのお気に入りのまりももゲストとして2回登場します\(^o^)/
スポンサーサイト

第21回 野鳥観察を通じて育む青春賛歌「ウッド・ノート」

IMG_2794.jpg

こんにちは\(^o^)/
久々に更新します。皆さま、バード・ウォッチングのご経験はありますか?ボクはないです(>_<)今回ご紹介しますのは小山田いく先生の「ウッド・ノート」です。このマンガのテーマはバード・ウォッチングです。高校の部活をテーマにしたマンガといえば野球だったりサッカーだったり、最近では前回ご紹介いたしました軽音楽部だったりといろいろございますがバード・ウォッチングをテーマにした作品はこのマンガぐらいではないでしょうか?

とある山奥、迷彩服を着た少年が鳥(カワセミ)の写真を撮っていた。彼の名前は唐須一二三。カワセミに別れを告げると道に落ちていたゴミを見つけ他にもバード・ウォッチャーが来てることを知る。ゴミを捨てた犯人を見つけ、ゴミの始末をしろと言い合いになっているところに犯人の仲間がやってくる。来てたのは水瀬高校バード・ウォッチング部のメンバーだった。部長の尾久は唐須を案内してやろうと言うがゴミを捨てて唐須と言い合いになっていた大潟新人は当然、唐須のことが気に入らない。カメラ・ハンティングで勝負しろ!と唐須に挑む。ルールは3時間の間に森の中でどれだけの種類の鳥を写せるか。唐須は勝負に勝ったらあなたたちのバード・ウォッチング部に名前をつけさせてくれと願い出る。森のことを知りつくしている新人は順調に鳥の写真を撮っていく。対する唐須は森のことをまったく知らない。すると唐須は突然ガケの上に座り込んでしまった。唐須は目で探すのではなく鳥のさえずりを聞いてどこにどんな鳥がいるのかを見極めていた。コルリ、ルリビタキ、ビンズイ、セッカ、ブッポウソウ、コマドリ・・・。唐須には地形も鳥の流れも見えてきた。そして唐須も動き出した。唐須は気配を消して動き回り、自分の足跡さえ消していた。対する新人は草むらに石を投げ逃げる鳥を撮っていた。そして、時間になり部室でフィルムを現像した結果、大潟新人、写真80枚、鳥は約18種類、唐須一二三、写真20枚、鳥は12種類。勝った!と思った新人だったが、部長たちが出した判定は唐須の勝ち。新人の写真はピントが甘い、露出が甘い、逃げる鳥を追っかけて写したようなのばかり。唐須の写真は確実に鳥の自然な姿を狙っているものばかりだった。部長の尾久は勝った唐須にこの部にどんな名前をつけるか聞く。「ウッド・ノート」と唐須は答える。唐須に鳥との付き合い方を叩き込んでくれた高校のバード・ウォッチング部の名前だという。最後に唐須は言う。「オレ、2学期からこの学校へ転校することになってます!そしたらあらためて入部します!」

登場人物
唐須一二三・・・バードウォッチング歴半年だが鳥への情熱が一番アツイ。ハシブトガラスの九郎を飼っている。ケンカがやたらと強い。鳥の気持ちはよくわかるのに人間(特に女の子)の気持ちには鈍感である。オフロードバイクに乗っている。

穂刈田ひわ・・・水瀬高バードウォッチング部部員。後に唐須と交際するようになる。おとなしい感じの女の子だが唐須にくっついて行動したり、強引に唐須のアパートの隣の部屋に引っ越してきたりと積極的な面もある。

大潟新人・・・水瀬高バードウォッチング部副部長。後に部長になる。元・生物部員のため死んだ鳥をハクセイにしたり解剖したりする。最初の頃は唐須と仲が悪かったが次第に和解していき、引退のときには唐須に「最高の部長でした」と思わせるまでになった。

波間拓也・・・水瀬高バードウォッチング部部員。主に飼育担当。ケガした鳥の治療などが得意。新人の引退したあと部長になる。

井津母要・・・水瀬高バードウォッチング部部員。文化祭後入部してきた。家は養鶏場を経営している。拓也とともに鳥の飼育担当になる。

小椋ゆずり・・・新人の同級生で幼馴染。後にバードウォッチング部に入部する。当初は鳥にまったく興味がなかったがウッド・ノートのみんなと接していくうちに次第に鳥にも興味を持ち始めていく。後に新人と交際するようになる。

尾久実野生・・・水瀬高バードウォッチング部部長。高校3年生には見えないオッサンのような風貌をしている。車の免許取得者でジープを運転する。

木華栄・・・水瀬高バードウォッチング部部員。尾久と同じ3年生。

三次野佳呂・・・唐須たちが2年生に進級して新人が部長になった時の新入部員。冗談好き。鳥の着ぐるみで変装したりする。

角目真名・・・佳呂と同じ新入部員。佳呂とはいとこ同士。みんなから「パッフィン」と呼ばれる(名字の角目とツノメドリをかけてる。ツノメドリのことをパッフィンというから)。後にバード・カービング(鳥の模型作り)を始める。

堤まりも・・・石蕗ノ台高バードウォッチング部部員。最初は唐須たちにイヤがらせをしに現れていたが改心して校外から番外メンバーとしてウッド・ノートに参加するようになる。井津母とは幼馴染で同じく家は養鶏場を経営している。後に石蕗ノ台高にウッド・ノートⅢを設立する。

和木貴彦・・・動物写真専門のカメラマン。世界中を旅してまわっている。唐須を自分のアシスタントにしようとしている。

このマンガ、ただバードウォッチングをとりあげただけではなく小山田先生得意の青春ドラマが盛りだくさんになっています。あと、悪人が気がつけばいい人になってます。まりもなんて最初はバジリスクなんて呼ばれてたのに唐須にケガさせてから普通の女の子になっちゃうし拓也のこと好きになっちゃうしメチャクチャいいヤツになっちゃったw
このマンガの中で一番のお気に入りはまりもです(^^)

第20回 Cagayake!GIRLS「けいおん!」

IMG_2771.jpg

こんにちは(^^)
ついにこのブログも20回目です。カウンターも回ってるということは見て下さってる方がいらっしゃるということですね。ありがたいことです(^_-)-☆
今回はマンガ好きの人でしたら知らない人はいないのではないでしょうか?かきふらい先生の「けいおん!」です。このマンガはアニメが大ヒットしたのでその知名度は抜群であります。ボクのブログではテキトーな紹介しかしないのでファンの方はもっと詳しい方のサイトをご覧ください(>_<)


高校に入学したての平沢唯はどの部活に入部しようか悩んでいた。友人の真鍋和には部活をしてないだけでニートのような扱いを受けてしまう。そんな中、唯は軽音部に入部してみたと和に話した。唯は「軽い音楽」と書く部だから口笛とか簡単なことしかやらないと思っていた。だがしかし、軽音部はギタリストを募集していたのだ。やっぱり辞めると言いにきた唯は音楽室の前で部長の田井中律と出会う。律は「ギターがすごくうまいんだよね!」と大喜び。いつの間にかあらぬ尾ヒレがついてしまっていた。軽音部の部員は3人。ドラム担当・田井中律、ベース担当・秋山澪、キーボード担当・琴吹紬である。学校では部員が4人いないとクラブとして認めてくれないため唯は大歓迎を受けた。しかし、唯は「辞める」といいに来たと打ち明ける。律はガッカリするが私たちの演奏一度聞いてから入部するかどうか判断しない?と、唯に提案した。律もせっかくのカモをここで手放すわけにはいかない!と必死である。
そして、4人の演奏を聞いた唯はあんまりうまくないと思いつつも楽しそうな雰囲気が伝わって来たため入部を決意する。
後日、和に軽音部入部を決めたことを報告する。「ギター5000円くらいで買えるよね?」という唯に対し和は「こんな子つかまされて大丈夫かしら軽音部・・・」と不安がよぎるのであった。

ちなみに唯たちが2年生の学祭前まではバンド名が存在しなかった。「平沢唯と愉快な仲間たち」「ぴゅあ☆ぴゅあ」「靴の裏のガム」「タンスの角に薬指」「充電期間」「にぎりこぶし」「ポップコーンハネムーン」「ロケットえんぴつ」などの候補も出ていたが軽音部顧問・山中さわ子が「放課後ティータイム」と適当に命名した。

登場人物
平沢唯・・・ギターとボーカル担当。ほんわかぽわぽわしたカンジの女の子。楽器は何一つできなくてギターも軽音部に入部してから始めたが絶対音感をもっているなどなかなか大した女の子である。

秋山澪・・・ベース担当。見た目はキツそうだが中身は誰よりも女の子っぽい。ものすごい恥ずかしがり屋である。メチャクチャ甘ったるい恥ずかしい詩を書くのが得意である。

田井中律・・・ドラム担当。軽音部の部長。カチューシャで前髪をあげている。元気いっぱいの女の子。澪とは幼馴染。

琴吹紬・・・キーボード担当。お金持ちのお嬢様である。軽音部のおやつ担当でもある。家から紅茶やお菓子を持ってくる。女の子同士がイチャついてるのを見ると興奮する。

中野梓・・・ギター担当。唯たちの1年後輩。ギターのテクは唯の上をゆく上手さである。唯たちがまじめに練習しないと怒る。唯からは「あずにゃん」と呼ばれている。

山中さわ子・・・音楽教師で軽音部の顧問。唯たちの高校の卒業生で軽音部のOG。当時から古文の堀込先生に目をつけられていた。唯たちにコスプレをさせたがる。歯でギターが弾ける。

真鍋和(のどか)・・・唯の幼馴染。頭がいい。生徒会長を務めている。前生徒会長の曽我部恵から秋山澪ファンクラブの会長も引き継いだ。

平沢憂(うい)・・・唯の妹で梓の同級生。姉と違ってなんでもこなす完璧超人である。唯のことが大好きである。唯よりおっぱいが大きい。

鈴木純・・・梓と憂の友達。軽音部入部希望者だったが部活を見学して入部するのをやめた。澪に憧れている。


「けいおん!」は全4巻で一度完結したあと、唯たちの大学生編の「けいおん!college」と梓が軽音部の部長を務める「けいおん!highschool」が再開されました。
IMG_2770.jpg
一番左はけいおん!全4巻と右の2冊が収納できるBOXだそうです。

IMG_2768.jpg
掛け替えカバーいろいろ。けいおん!は人気作品だったため、アニメショップではこういった特典がつけられることが多かったです。

と、いうわけで今回は人気作品の「けいおん!」をとりあげてみましたがはっきりいって誰でも知ってるようなことばかりを書き綴っただけのつまらない内容になってしまいました。もっと濃い内容を期待してこられた方には大変申し訳ないと思いますm(__)m

IMG_2769.jpg
ではまた~(^^)ノシ
プロフィール

美久波まゆか

Author:美久波まゆか
あまり目立たないようにコソコソやってます♪ TwitterID @mikumiku110ban

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。