スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回 pixiv発!マンガ家残酷物語「ハナムラさんじゅっさい」

IMG_2494.jpg

こんにちは(^^)
久々に更新しますよ♪
カウンターも回ってるし初コメも頂いちゃいましたし嬉しい限りです\(^o^)/
今回はハナムラ先生の「ハナムラさんじゅっさい」です。
帯には「半実録マンガ家漫画」と書いてあります。よーするにハナムラ先生版「まんが道」です。

少年誌デビューを目指している漫画家・ハナムラは連載作家のアシスタントをして食いつないでいた。彼女にもふられ、30歳目前でデビューもできないのでこのままマンガ家を辞めようと考えていたところ、友達から1本の電話が入る。
「後輩がマンガ家を探してるんだけど」
ハナムラはすぐに話に飛びついた。友達から送られてきた相手の連絡先には女性の名前が記されていた。後日、打ち合わせのため会いに出かけたハナムラの目の前にいたのは「白井理沙」という美人編集者であった。
二人で昼食をとり、いざ仕事の話となると彼女の口から予想もつかない言葉が飛び出した。
「ハナムラさんにはエロ漫画を書いて欲しいんです・・・」
そう告げると白井さんはエロ漫画のセリフを声に出して読み始めた。
自分の目の前で何が起こっているのか理解できないハナムラw
結局、エロ漫画の仕事を引き受けることになるのだが、その後もいろいろとトラブル続きなのである。(原因は白井さん?)
ある日、ハナムラは漫画家の仲間たちと飲みにいく。そこで今年起きたいろいろな出来事をみんなに話す。
それを聞いてたNさんが言う。「それ漫画にして連載すればいいのに」
この一言でハナムラはある決断をする・・・。

と、いった内容です。
そしてNさんの一言で決断した内容とはこの面白おかしい出来事を漫画にして「pixiv」にアップするということです。
この漫画、最初はpixivで連載されていました。それが編集者さんに受け「漫画街」というwebサイトで連載されるようになり単行本も出たのです。

IMG_2495.jpg

この漫画、ラフ絵のようなタッチと手書き文字で大変読みやすいです♪
なんていうかあたたかみがあるんですよね(^^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

美久波まゆか

Author:美久波まゆか
あまり目立たないようにコソコソやってます♪ TwitterID @mikumiku110ban

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。