スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回 ぼくらは七つの星なのさ♪「てんとう虫の歌」

IMG_2615.jpg

こんにちは(^^)
今回ご紹介するのは川崎のぼる先生の「てんとう虫の歌」です。
ボクは38歳のオッサンなんですが、ボクと同世代で幼少期を関東で過ごされた方ならアニメ版を夕方の再放送でしょっちゅう見ていたのではないでしょうか?

一週家には七人の子供がいる。長女で小学六年生の月美、長男で五年生の火児、次男で四年生の水男、三男で三年生の木介、四男で二年生の金太郎、五男で一年生の土丸、そして末っ子で学校にはまだ行ってない日曜子(ひよこ)である。そう、兄弟の頭文字は月火水木金土日である。
父、間太は動物園の飼育係をしている。そのためか家でもペットを何匹も飼っている。
七人の子供たちは父ちゃんと母ちゃんの結婚記念日に何か贈り物をしようと話しあう。偶然が重なって町内の福引で北海道旅行の旅券を引き当てそれをプレゼントした。みんなで空港へ見送りに行き帰宅してテレビをつけると飛行機墜落事故のニュースが流れた。その飛行機に乗っていたのは父ちゃんと母ちゃんだったのだ。

IMG_2617.jpg

二人の葬式も終わり、月美、火児、水男の3人はアルバイトなどをして生計を立てて行き、それ以外の兄弟はそれぞれ親戚に引き取られて行くこととなった。

IMG_2618.jpg

みんなが家を出て行ったあと、月美たち残った3人で両親のお墓参りに行くとそこには木介がいた。家に戻ると金太郎がいた。そこへ土丸も帰って来た。最後にひよ子も帰って来た。兄弟たちはみんなと一緒に暮らしたいという。それを聞いた火児たちもみんなで一緒に暮らすことに賛成する。
そのとき、ひよ子が一匹のてんとう虫を見つける。
火児は言う。「これからはおれたち兄弟もあのてんとう虫のように一つ背中で仲良くみんなで力をあわせて青空に飛び立つようにがんばろうぜ!」

IMG_2619.jpg
三男、水男が作った七人兄弟の歌、題して「てんとう虫の歌」
アニメの主題歌とはちょっと違った歌ですね。

マンガ版では最初、両親が生きていて飛行機事故で亡くなります。アニメ版だと第1話からすでに故人で亡くなった理由も過労死に変更されていました。ボクはマンガ版の設定の方が好きですね。
IMG_2616.jpg
こちらアニメのDVDBOXです(^^)
全104話という長編なのでまだ全話見てないですが・・・(>_<)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

美久波まゆか

Author:美久波まゆか
あまり目立たないようにコソコソやってます♪ TwitterID @mikumiku110ban

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。