スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回 うらみはらさでおくべきか!「魔太郎がくる!!」

IMG_2628.jpg

こんばんは\(^o^)/
いよいよこのブログも13回目です。13って不吉な数字ですね(>_<)
そんな不吉な回にピッタリな藤子不二雄A先生の「魔太郎がくる!!」をご紹介します。

主人公、浦見魔太郎は友愛学園に通う中学生。気が弱くておとなしいいじめられっ子である。同級生や従兄という近い人間から全然知らない人にまでいじめられる。しかもいじめのレベルが一歩間違えれば死ぬようなものばかりなのがこのマンガのスゴイ所である。いじめられた魔太郎は「うらみはらさでおくべきか」と、相手に捨てセリフを吐き黒のマントに薔薇の柄のTシャツという悪趣味な格好で「うらみ念法」を使い復讐を果たす。

IMG_2630.jpg

その復讐のレベルはただ単に驚かされて終わる者から廃人に追い込まれてしまう者、ヒドイのは殺されてしまう者までいる。魔太郎が不思議な力が使えるのは大魔王サターンと契約しているからという描写が第1話でされているが魔太郎の正体は最終回であきらかになる・・・。

主な登場人物
浦見魔太郎・・・主人公。典型的ないじめられっ子。「うらみ念法」という不思議な力を使うがまったく不思議じゃない普通のやり方で仕返しをすることも多い。例えば時計台の歯車に相手を突き飛ばして上着が巻き込まれるようにしたり、スリを相手に懐にネズミ取りを仕掛けていたりとか。

南由紀子・・・魔太郎のクラスの女の子。魔太郎にやさしく接してくれるが何か事件が起きた時、事件の犯人が魔太郎に罪をなしつけようとウソの情報を流すとそれをすぐに信じるのであまり魔太郎のことを信用してないようである。

安部切人・・・魔太郎の向かいに越してきた家の赤ちゃん。タケシという腹話術の人形を持つとしゃべることができる。由紀子の妹の由津子のことが好き。魔太郎のことをいじめるのが好き。魔太郎のうらみ念法に対抗できるすごいチビである。その正体は最終回であきらかになる。

かいき屋のおやじ・・・魔太郎に不思議な道具をくれる謎の人。うらみ念法ではなくかいき屋の道具を使って復讐を果たすこともある。

このマンガ、初回版のコミックでは少年チャンピオンに連載されたものがそのまま掲載されていたらしいんですがボクが持っているのは残念ながら新装版でかなり多くの話が未掲載なんです(>_<)初回版は全13巻だったんですが新装版は全12巻なのでコミック1冊分がまるまるカットされているわけです。
買いなおそうかな・・・とも考えていますが初回版はプレミア価格で結構値段が高いんですよね・・・(>_<)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

美久波まゆか

Author:美久波まゆか
あまり目立たないようにコソコソやってます♪ TwitterID @mikumiku110ban

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。